茹でガエルの法則って実はうそ?

急激な変化や大きな問題は誰でも注意するので改善できるけど、小さな変化や問題は見過ごすことのたとえ話として、よく「茹でガエルの法則」が使われます。

生きたカエルをいきなり熱湯にいれると当然ものすごく驚くので、すぐに熱湯から逃げ出すけれど、冷水にカエルを入れて徐々に徐々に温度を上げていくと、カエルは温度の上昇に気が付かず、気が付いたときには、ときすでに遅しで茹で上がって死んでしまうというお話です。

実はこのお話、科学的根拠は無いそうです。しかし、このお話が科学的に真実かどうかは大した問題ではありません。環境の変化に気が付かず、手をこまねいているだけでなにも行わないのであれば、生き残ることは出来ませんよね。

経営環境は絶えず変化していきます。

でもそのとき、何かうまくいかなくなると自分の得意としていることを、より速いスピードで沢山こなすことで状況を打破しようとしてはいないでしょうか。

私も良く残業や徹夜でなんとかその場を乗り切ろうとすることが多いのですが、若い頃のように無限の体力がある訳では無いですし、短期的なその場の対応で済むことで無い場合には、かえって深刻で大きな問題やしっぺ返しを食らいます。

つまり、結果を改善することが出来無いそのままではダメなことを、よりいっそう頑張っているだけなので、良い結果が出る訳は無いんですよね。

より良い結果を得るためには、変化に対応した新しい仕組みを考え、取り入れていくことが肝心ですよね。

変化は誰でも怖いものですが、それを恐れてなにもしなければ、待っているものはもっと恐ろしいものになりますからね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*