カルテ提出義務化など変わりゆく環境に適応できてますか?

先日下記のようなニュースがありました。

柔道整復師
カルテなど提出義務化 不正請求防止へ
(毎日新聞 10/9)
http://mainichi.jp/articles/20161009/k00/00m/040/090000c

厚生労働省が、柔道整復師の療養費不正請求対策を強化する方針を固め、不正の疑いがある場合はカルテなど関連資料の提出を義務付ける。

といった内容です。

どんなに自分は正しいことをしていても環境というものは、それとは全く関係なく変化していきます。

あの有名な、進化論のダーウィンはこう言っています。

生き残る種というのは、
最も強いものでもなければ、
最も知能の高いものでもない。
変わりゆく環境に最も適応できる
種が生き残るのである。
– ダーウィン(自然科学者) –

自分も進化しなければ!

あなたもそう思い、「これはやったほうがいいな」「今これに取り組まなければいけないな」という答えがわかっているのに、やろうとしないもう一人の自分がいますよね。

人は今の自分の快適な空間(コンフォートゾーン)から抜け出すことを無意識に不安に思い、元の場所へ戻ろうとしてしまいます。

でも…

難しいからやろうとしないのではない。
やろうとしないから、難しくなるのだ。
– セネカ(哲学者) –

なんですって。耳が痛いですよね。

施術結果の記録を残すということは、施術結果のビフォーアフターにより、施術効果をお客様に実感して頂き、熱狂的ファンになって頂くチャンスでもあります。

どうせやるなら最小コストで最大限の効果を出したいですよね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*